もちつき会

子供たちが楽しみにしていたもちつき会がありました(^▽^)/
園中にもちつきの曲が響きわたる中スタートです。
きく組の子どもたちは室内で保育士の作ったもちつきごっこを楽しみました。
杵も軽いものを作ったので軽々と持ち上げ楽しそうにみんなで遊びました。

すみれ組は理事長先生と保育士の餅つきをする姿を見た後に
子供たちの出番です。一人5回ずつもちをつくことができました☆
なかなかつくことが難しかったようで臼の端にあたってしまうことも多々ありましたが
一生懸命につこうと頑張る姿が印象的でした(^^♪
まつ組はもち米が臼の中に入った時から見る事ができ、保育士から
「おこわだよ」と知らされるとまじまじ見る姿がありました。
保育士がつくのを「ぺったんぺったん」と言いながら見守った後は
まつ組の出番です。乳児クラスも応援に加わり「ぺったん」の掛け声とともに
5回ずつつくことができました!!



子供たちに何が楽しかったかを聞くと
「おもちをたべたこと!」と言っていて
やっぱり子供たちはつくことよりは食べる事の方が嬉しかったのかなぁと
思いましたが、いい思い出になってくれていると思います♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください